ゾンビの部活動

一人になりきれ

園芸部

山にひとり。唐揚げひとつ。からあげ丼

唐揚げ一個じゃ物足りんぞって事で、どんぶりにしてかさ増しを図る。 本日の無職メシの材料。 唐揚げ、玄米、たまねぎ、たまご、セリ、粉末だし。 火が消えたら、すかさず愛用の火吹き棒(拾った竹)を吹く。 なんか焚火に慣れたぞ。 ご飯はうまく炊けないわ…

強制退去。神社の赤

月桂樹に虫が住んでいた。 洋食派か? 糸で綴ってあったのをほぐす。 少しくらいと見逃していたけど、もう一棟に引っ越しを始めていたので強制退去していただきました。 本来の食樹はなんだろ? 近所の神社。赤い。

ときたま見つかる。いい空き家なら拾います

山道に落ちていた流木風朽ち木。 ゾンビを置くのにいいですね。 くぼみや脚の長さなど、よく考えられた逸品。 かつては虫のすみか。今は空き家。 自然の造形が手ごろなサイズで味わえます。 定番。

肉が無いので私は山へカレーを食べに行きました

若葉はそよぎ、小鳥はさえずり、せせらぎは絶え間なく、私はとても満たさ…だめだ、山にこもり過ぎて何かを悟ってしまう。 しなびた人参(なんかブヨブヨしてる)とたまねぎでカレーを作る。 ルウが写ってないけど、普通の固形ルウ。リンゴとハチミツ。 お約…

野菜がなければ雑草を食えばいい。無職メシ

山にひとり。アウトドアひきこもり。 基本の無職メシ、体にやさしい雑草玄米がゆ作り。 オオバコ、ヨモギ、フジ、セリ。味付けは塩。 途中、水を足したけどトロトロにならなかった。 まぁ、見た目より全然いける。 ヴィーガンとかミニマリストって山奥で暮ら…

山に行くと甘くて濃密な緑の香り

藤棚もいいけどワイルドフジも。 甘い空気が気持ちいい。写真にすると退屈だけど。 ガマズミ。ハナカミキリなどが集まっていた。 タニウツギ。谷に群生している。 小鳥やクマバチが蜜を吸っているようだった。 めだま。 蜜で光るアケビ。 めだま2。 イボガエ…

平凡な奴も朽ちると魅力が増す。母校探訪

母校の小学校。 鉄筋コンクリートの退屈な建物だったが、味が出てきた。 現在は緊急避難所になっており、水道も通っていた。 モマン(それ町5巻に登場する怪物。マジ不気味)が出そうだ。

弱いヤツと運の悪いヤツは死ぬ。足元にも野生

カエルをの飲み込むヤマカガシ。まだ子供。 自分よりはるかに小さいダニはどうすることもできず、血を吸われ放題。 まず他のアリから奪うというワルさ。 攻撃の術をもたないイモムシを集団で襲う。 トゲアリの巣から出てきた寄生バエらしき虫。 トゲアリとの…

腐肉の楽園。死体に集まる虫

以前見つけた首無しイタチ。 腐敗が進んで掃除屋たちが集まっていた。 クロボシヒラタシデムシが多数派。三葉虫みたいなやつはコイツの幼虫と思われる。 他にセンチコガネ、ヘリグロケシキスイ、ハネカクシ、アリ等。 死体の上でイチャつくカップル。

虫、花、ヘビ

目立たないけど魅力的な形。まだらのグラデーションもいい。 ウスギヨウラク。なじみのない名で毎年忘れる。 桜に見えない桜。ウワズミザクラ。 一瞬、ヒエッとなる方たち。基本的におとなしく、向こうの方が驚いてると思う。 トゲアリ。「アリの巣の生き物…

焚火とバケツでパン。こくもちふわ

焚火にバケツをかぶせてパンを焼く。 フジは茹でてさらして刻む。意外と使える竹。 フジとチーズを粉に入れるて混ぜる。 水を足しながらフォークでこねる。 まとまってきたら手でこねる。 焚火あとの炭にのせる。 途中、火を足しながら焼く。 もうちょいかと…

ムダ風流なアク抜き、最後はベーコンで巻く

サルトリイバラはアクが強いらしい。 竹に穴をあけて、茹でたサルトリイバラを沢に浸す。 サルトリイバラ。柏の葉の代用にするらしい。 フジとフジハムシ。赤が深い。 食材としては未知。 穴あけ。 背面にキリがあることをすっかり忘れていた。 アマゾン川の…

竹を切る。うどんを食べる

シンプルなうどん。少し遠回りをして遊ぶ。 切って、割って。なかなかの悪戦苦闘ぶり。 プリミティブ。 木の芽はみじん切り。 石で潰してすりごまにする。 みじん切りにしたら少しになった…。 少しの水にうどんスープを溶かす。材料を混ぜていく。調理時間は…

首なし死体やオタマジャクシと沢ごはん。裏山歩き

薄暗い林内で目立つギンリョウソウ。 イタチ?謎の首なし死体。 ため池にたくさんのオタマジャクシ。 食べたり、息継ぎしたり。見ていて飽きない。 サワガニもちらほら。 トンボも飛び始める。 セリとアサリのパスタを作って食べる。 だいぶふやけた。

木の芽とツナの炊き込みご飯、出窓野菜のサラダ。ご飯を焦がす

山で炊き込みご飯ってうまそう…と思ったのだが、めっちゃ焦げた。 使ったツナ缶はノンオイル、食塩無添加だった。ここは普通のヤツの方が良かったか。 この時はいい匂いがしていた。 アケビは実だけでなく新芽も食用との事。 新芽を一つ頂いて、水が少なくな…

木の芽みそで豚とおにぎりのホイル焼き(焚火調理)ついでに野草汁

山椒が芽吹いたのでそれを使って久しぶりに裏山ごはん。 家の山椒。日陰にあるが、特に問題なく育つ。 みそ、しょうゆ、みりんを同じ分量で混ぜて火にかけた。 トロっとしたら木の芽を投入。もっと入れても良かった。 持参したおにぎりと豚肉にみそだれを塗…

よもぎを摘んで、よもぎパンを作る

普通のトースターでもパンが作れるということを知り、よもぎパンを作った。 どれくらい入れるものか分からず、控えめに採集。 茹でて水にさらし、すりつぶす。 最後の方で牛乳を足して、そのまま生地に入れた。 摘んだ葉はあまり香りがせず、こんなものかと…

セリかドクゼリか? 野草を摘んで焚火でうどん

以前、隠居の庭にセリらしきものを見つけていた。 よくよく見ると結構たくさん生えていることが分かった。 小さな沢が通っていたり、山の水を引いたりして常に地面が湿っているせいだろう。 ただドクゼリとの違いが図鑑やネットで見てもイマイチはっきり分か…

レモングラスとレモンタイムの苗

レモングラスはまだ寒いので気を付けてくださいとの事。 基本出窓に置くので大丈夫のはず。 レモンタイムは葉を軽くつまんだだけでいい香りがした。

食虫植物。ウツボカズラとサラセニア

冬の間も出窓に出しっぱなしのウツボカズラ。成長は鈍るが枯れない。 来て2年目でツボを作るようになった。とはいえ確率は低い。 暖かくなってきて、このサイズまで大きくなるとツボになると思う。 徒長したり、枝分かれしたりで結構場所を取る。 ツボがない…

出窓と庭の植物

リプサリスの花。 手間がかからないのと、垂れ下がる姿が好きで気付けば5種類ほど育てていた。 庭の隅のイカリソウ。 新芽は過食らしい。 出窓のルッコラが咲いた。 昆虫の羽のような模様。

焚火で豚のローズマリー焼きを作る

丈夫で生育旺盛、鹿もイノシシも食べないローズマリー。 そんなローズマリーを収穫して裏山へ。 塩コショウした豚肉にローズマリーを敷いて焼く。 ひっくり返す。 脂が滴る。意外と時間がかかる。 ご飯も炊いたが結構冷めた。 タイミングが難しい。それでも1…

暖かい日は生き物も活発

アセビに身を潜めたワカバグモ。獲物を捉えてなかったら気付かない。 昨日はよく晴れた。裏山にアウトドアチェアを持ち出して半日読書をしてきた。 テレビもパソコンもゲームも無いので集中して読める。 越冬したルリタテハ。 近くに降りてくるくせに背後は…

ツノハシバミ

ツノハシバミが咲いていた。小さいのが雌花。 雄花は垂れ下がる。 秋の実は日本版ヘーゼルナッツ。 この前まで蕾だったのに満開になっていたヤマザクラ。

雪が積もっていた日。外と出窓の様子

寒いと思ったら外が白い。 梅の蜜を吸いにメジロが来ていた。 出窓のラズベリーが咲いた。 ルッコラとマーシュを同じ日に、同じ型のプランターに撒いた。 多分こっちがルッコラ。 ごちゃまぜプランターでも育てているが、すぐに芽を出すし、成長も早い。 あ…

あられが降った。隠居の日陰にセリらしきもの

あられにテンションが上がって庭を歩いていたらつくしが出ていた。 何気に栄養価が高いらしい(ただしアルカロイドも含む)。 隠居の川側に生えていた。セリっぽい。 香りもさわやかな感じだがイマイチよくわからず。

鹿が増えて困る。でもツノコガネはかっこいい

ホムセンで月桂樹を購入。 大きくなるらしいので庭に植えたかったのだが、鹿が食べそうな気がしてやめた。 まずそうなサカキもこんな感じで新芽や葉をかじる。 椿も下の方だけ葉がない。毒がなければ何でもいいのか。 山でも毒(嘔吐、下痢、神経麻痺)のあ…

野草のパスタ(エスニック風)を作る

野草とエビ、豚ひき肉のパスタ。 タネツケバナ。少し辛みがある。 いつものハコベも採集。 出窓のリーフレタスは下にひく。 雑草も茹でるときれいな緑に。 ナンプラーとレモン果汁ベースのソースで食べた。 クミンなどのスパイスも何となく加える。 作ってる…

裏山スナップ

落雷か?裂けて焦げた木。 大変なことになってるけど生きている。 根を張るドングリ。 ノイバラの茂み。

裏山でハコベとジャガイモのチーズオムレツを作る

意外とウマい雑草で山ごはん。 今日も畑でむしってきた。 茹でたジャガイモとハコベを軽く炒める。 箸とかスプーンを忘れたので笹を使う。 たまごを流し込んでチーズをのせる。 チーズが溶けたら出来上がり。 食パンは網焼きで。 オムレツをのせて食べる。 …