ゾンビの部活動

一人になりきれ

裏山活動部

山の畑再生1.5 ホムセン巡り

山の畑は放置どころか封印されている。 ホラー脳なんで妙な妄想が働くが単にシカ、イノシシ隔離政策。 その畑を再生させるという酔狂。 いずれハンモックとか設置して極楽スポットにしてやる。 ってのがこの一人プロジェクトの最終目標。 獣は匂いや刺激の強…

ぼっちの開拓物語 山の畑再生 1 耕す

長年放置してあったのでガチガチ。筋肉痛必至。 のび太も畑とか始めたっていうし…野比には負けん。 畑なんか全然してこなかったけど開拓すっぞ。 木の根が多い。 植えてある梅か?ちぎって大丈夫か? と、思いながらブチブチっ。 耕す。そして耕す。 その時…

天使か害虫か。アルファルファか白ゴマか。

夕方。アワフキムシ?なんか違う。 羽が出てきた。天使…いや、ウンカの様です。 脚を全部出すと羽を伸ばしはじめる。 動画は16倍速です。 すりガラスのような羽。一晩かけて乾かすのだろうか。 草むらの神秘でした。 朝。アルファルファと白ゴマのスプラウト…

たちされ のけものの森 山の畑再生~序~

どうぶつの森やったことないけど、無人島楽しそうっすね。 こっちはひとりぼっちの開拓生活。移住者無用。 折れたクワを装備。畑だった場所へ。 緑の封印を解く。草むしり…いや苔むしりの事です。 木の周りは無造作にいろんなもん植えようかな。 シダは一部…

山ノ畑ニ居リマス 禁断の地

ヤバいバルの井上咲楽、素でぶっ飛んでるな~、自然体でヤバいので好感度高い。 しかし関西じゃYouTube生配信との互換性なしか…。残念。 生配信→アベマ→地上波→寝る→起きてワイプ付き再配信。 そして現在。山の畑再生プロジェクトの下見に行く。 当然、一人…

ウツボカズラ飯 作る編 枯れたツボで作ります

そろそろ旬を迎えるウツボカズラ。今日はこちらのドライタイプを使っていきます。 って事で昨日の続き。 作り方はクックパッドに載っていた。やはりメジャーなのか? でも甘くなりそうだったので、味付けはアレンジ。 ココナッツミルクにカレー粉とコンソメ…

葉っぱに包んで蒸し焼きにするやつ

一度はやってみたいアレを想像で作る。 まずはバナナの葉を…ホオノキの葉でええか。 いつも以上に地味な探索パート「落ちてるホオノキの葉を探す」。 しかし近場では見つからず。この前はあったんだけどな~。 別の谷の少し奥まった場所。そこはホオノキの谷…

クマに会った後は、ハーブティーでリラックス

本来は今年から育て始めたレモンタイムを、ハーブティーにして飲んでみようという、ほのぼの企画だったはず。 水源の水で淹れるべく山をうろつく。 ガサゴソ…どうせ鹿だと、のんきに振り返ると山の斜面をクマが駆け下りてくる! 一瞬冷静に動向を探る。向か…

ずっとついてくる小鹿と水源探し

こじかが なかまに くわわった。 勝手についてくる…家出…タチアナ…スフレって呼ぶわ(ロマサガ3)。 オスかもしれんけど。 他人の子を見せられてもねぇ…わかる。でも見て。 ただのまばたきがかわいいから。 後ろについてくる。 ここはドラクエを踏襲してます…

裏山探索。湿地を歩いて水源探し

こんぼうを装備した。これで戦える。 って邪魔。 ふんごむ、ふんごむ。 奥の方で飛んでます。 花が咲いてる。なんの花? あ、沢部分が一番歩きやすい。 油断してるとズボります。 この細い沢を辿ります。 今回唯一のアスレチックポイント。 倒木くぐって、そ…

ハチとランチ。唐揚げとピーマンのケチャップ炒め 

クマバチ飛び交うエゴノキの下で無職メシ。 重低音は怖いけど無害です。 材料。黒コショウ使うの忘れた。ちなみに唐揚げは半身浴ほどの油で、ひっくり返しながら揚げて、ナスの素揚げでフィニッシュ。でも油って残るよね。仕方ない。 適当にカット。 ホイル…

松枯れを歩き、幻の虫を探す

最近、ツイッターにフサヒゲサシガメの生体の写真が投稿された。 一部に激震走る。まだ生存していたのか!?俺も見たい!! (時間を無駄にさせないために断っておくと、もちろん見つかりません。 これはUMA探すってロマンあるよね…みたいな行為です) 今回…

川のはじまりを探す。最高のおにぎりスポット

なかまに なりたそうに こちらをみている! 触ってええの?可愛すぎる。 ホイミン的ポジションか。 しかし目的は小鹿と戯れることやない。 ソロでこのクエストに挑む。要は裏山探索であります。 この辺はただ気持ちいいだけ。もっと冒険感を…。 で、倒木を渡…

山にひとり。ぎょにソーチーズマヨホイル焼き、かきたまスープ

どんな古い炊飯器でも、俺よりご飯炊くのが上手いんだな。 ということで今日はおにぎり持参。 本日の無職メシの材料。 あとポケットにたまごが入っている。 ぎょにソー、チーズ、マヨを重ねて黒コショウをふる。 チープさに似合わぬライティングでお送りしま…

山にひとり。道草食って、ヘビに会う

無職メシに試作はない。 断っとかんと今回結構アレなので。 初めてヘビに威嚇された。ヘビのシャーって初めて聞いたかも。 冒頭にシャー…んーあんまり聴こえないか…。 本日の無職メシの材料。 玄米、イワシのへしこ、たまご、雑草(ドクダミ、オオバコ、セリ…

山にひとり。唐揚げひとつ。からあげ丼

唐揚げ一個じゃ物足りんぞって事で、どんぶりにしてかさ増しを図る。 本日の無職メシの材料。 唐揚げ、玄米、たまねぎ、たまご、セリ、粉末だし。 火が消えたら、すかさず愛用の火吹き棒(拾った竹)を吹く。 なんか焚火に慣れたぞ。 ご飯はうまく炊けないわ…

ときたま見つかる。いい空き家なら拾います

山道に落ちていた流木風朽ち木。 ゾンビを置くのにいいですね。 くぼみや脚の長さなど、よく考えられた逸品。 かつては虫のすみか。今は空き家。 自然の造形が手ごろなサイズで味わえます。 定番。

肉が無いので私は山へカレーを食べに行きました

若葉はそよぎ、小鳥はさえずり、せせらぎは絶え間なく、私はとても満たさ…だめだ、山にこもり過ぎて何かを悟ってしまう。 しなびた人参(なんかブヨブヨしてる)とたまねぎでカレーを作る。 ルウが写ってないけど、普通の固形ルウ。リンゴとハチミツ。 お約…

野菜がなければ雑草を食えばいい。無職メシ

山にひとり。アウトドアひきこもり。 基本の無職メシ、体にやさしい雑草玄米がゆ作り。 オオバコ、ヨモギ、フジ、セリ。味付けは塩。 途中、水を足したけどトロトロにならなかった。 まぁ、見た目より全然いける。 ヴィーガンとかミニマリストって山奥で暮ら…

山に行くと甘くて濃密な緑の香り

藤棚もいいけどワイルドフジも。 甘い空気が気持ちいい。写真にすると退屈だけど。 ガマズミ。ハナカミキリなどが集まっていた。 タニウツギ。谷に群生している。 小鳥やクマバチが蜜を吸っているようだった。 めだま。 蜜で光るアケビ。 めだま2。 イボガエ…

弱いヤツと運の悪いヤツは死ぬ。足元にも野生

カエルをの飲み込むヤマカガシ。まだ子供。 自分よりはるかに小さいダニはどうすることもできず、血を吸われ放題。 まず他のアリから奪うというワルさ。 攻撃の術をもたないイモムシを集団で襲う。 トゲアリの巣から出てきた寄生バエらしき虫。 トゲアリとの…

腐肉の楽園。死体に集まる虫

以前見つけた首無しイタチ。 腐敗が進んで掃除屋たちが集まっていた。 クロボシヒラタシデムシが多数派。三葉虫みたいなやつはコイツの幼虫と思われる。 他にセンチコガネ、ヘリグロケシキスイ、ハネカクシ、アリ等。 死体の上でイチャつくカップル。

虫、花、ヘビ

目立たないけど魅力的な形。まだらのグラデーションもいい。 ウスギヨウラク。なじみのない名で毎年忘れる。 桜に見えない桜。ウワズミザクラ。 一瞬、ヒエッとなる方たち。基本的におとなしく、向こうの方が驚いてると思う。 トゲアリ。「アリの巣の生き物…

焚火とバケツでパン。こくもちふわ

焚火にバケツをかぶせてパンを焼く。 フジは茹でてさらして刻む。意外と使える竹。 フジとチーズを粉に入れるて混ぜる。 水を足しながらフォークでこねる。 まとまってきたら手でこねる。 焚火あとの炭にのせる。 途中、火を足しながら焼く。 もうちょいかと…

ムダ風流なアク抜き、最後はベーコンで巻く

サルトリイバラはアクが強いらしい。 竹に穴をあけて、茹でたサルトリイバラを沢に浸す。 サルトリイバラ。柏の葉の代用にするらしい。 フジとフジハムシ。赤が深い。 食材としては未知。 穴あけ。 背面にキリがあることをすっかり忘れていた。 アマゾン川の…

竹を切る。うどんを食べる

シンプルなうどん。少し遠回りをして遊ぶ。 切って、割って。なかなかの悪戦苦闘ぶり。 プリミティブ。 木の芽はみじん切り。 石で潰してすりごまにする。 みじん切りにしたら少しになった…。 少しの水にうどんスープを溶かす。材料を混ぜていく。調理時間は…

首なし死体やオタマジャクシと沢ごはん。裏山歩き

薄暗い林内で目立つギンリョウソウ。 イタチ?謎の首なし死体。 ため池にたくさんのオタマジャクシ。 食べたり、息継ぎしたり。見ていて飽きない。 サワガニもちらほら。 トンボも飛び始める。 セリとアサリのパスタを作って食べる。 だいぶふやけた。

木の芽とツナの炊き込みご飯、出窓野菜のサラダ。ご飯を焦がす

山で炊き込みご飯ってうまそう…と思ったのだが、めっちゃ焦げた。 使ったツナ缶はノンオイル、食塩無添加だった。ここは普通のヤツの方が良かったか。 この時はいい匂いがしていた。 アケビは実だけでなく新芽も食用との事。 新芽を一つ頂いて、水が少なくな…

木の芽みそで豚とおにぎりのホイル焼き(焚火調理)ついでに野草汁

山椒が芽吹いたのでそれを使って久しぶりに裏山ごはん。 家の山椒。日陰にあるが、特に問題なく育つ。 みそ、しょうゆ、みりんを同じ分量で混ぜて火にかけた。 トロっとしたら木の芽を投入。もっと入れても良かった。 持参したおにぎりと豚肉にみそだれを塗…

セリかドクゼリか? 野草を摘んで焚火でうどん

以前、隠居の庭にセリらしきものを見つけていた。 よくよく見ると結構たくさん生えていることが分かった。 小さな沢が通っていたり、山の水を引いたりして常に地面が湿っているせいだろう。 ただドクゼリとの違いが図鑑やネットで見てもイマイチはっきり分か…